本気の人必見!独学で韓国語がマスターできる勉強法とおすすめのテキスト

できればいつでも自分の好きなタイミングで勉強ができる独学で韓国語をマスターしたい。
そうは思いませんか?
でも韓国語がわからないのに、自分で勉強プランを立てたり、どのテキストを使えばいいのかわかるはずもありません。
そんなあなたのために独学でも韓国語がマスターできる勉強法と挫折しないおすすめのテキストをご紹介します。

韓国語の独学は勉強する前につまずく

K-POP・韓国ドラマ好きのみなさん、안녕(あんにょん)♪

韓国大好き!ゆなです。

K-POPや韓国ドラマにドハマリして韓国語に興味を持ち、「韓国語を独学で勉強したい!」と思っていませんか?

あるいは既に独学で韓国語の勉強を始めているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもいざ独学で韓国語の勉強を始めようと思っても、こうした問題に直面していませんか?

  • テキストがたくさんありすぎてどれがいいのかわからない
  • どうやって勉強を始めたらいいのかわからない
  • 勉強のやり方がわからない

「独学で韓国語の勉強を始めたい!」と思っても、始める前の段階からつまずいてしまうんですよね。

私も独学で韓国語の勉強を始めたときには「で?何から始めればよいのやら???」と困ったものでした。

そこで今回の記事では、独学で韓国語がマスターできる勉強法とおすすめのテキストをご紹介しましょう。

独学でも遠回りすることなく最短で韓国語が習得できる効率的な勉強法がわかりますよ^^

独学で韓国語をマスターしたい理由

そもそも何故あなたは独学で韓国語をマスターする勉強法が知りたいのでしょうか。

本音は「韓国語教室に通ったり韓国語に留学して勉強したい。」と思っているんじゃないかなと思います。

私も韓国語留学できるものならしたいと思います。

でも現実は、お金も時間もないからできない。

それに比べて独学は、いつでも自分の好きなタイミングで勉強ができてお金もかからないというメリットがありますね。

お金と時間がコントロールしやすい独学なら、韓国語の勉強を始めるハードルがグッと下がるのです。

独学で韓国語がマスターできる勉強法

独学で韓国語を習得するおすすめの勉強法とは、

  1. ハングルの読み書き、発音、文法、この3つの韓国語の基礎を身につける
  2. 自分の趣味に結び付けて基礎からさらにステップアップする

のたったの2ステップだけです。

「え?これだけ?Σ(゚Д゚)」と思われるかもしれませんが、単純ではありません。

韓国語に限らず、何でも新しい知識や技術を身につけるためには、まず基礎を身につける必要があります。

いきなり完璧にマスターしようと思っても無理です。

独学のコツは、最初から完璧な発音、正しい文法、綺麗な文章が書けたり、ネイティヴな発音で会話ができるようになろうと思わないこと。

韓国語を身につけるのには、どんな天才でも一朝一夕では不可能です。

毎日の継続的な勉強が必要なので、最初から自分で高いハードルを掲げると、いつまでたっても目標達成ができず、挫折につながってしまいます。

完璧じゃなくてもいい、多少間違ってもいいから、韓国語を習得するために必要なハングルの読み書き、発音、文法の基礎が身につく勉強をしっかりテキストで行うことが大切です。

そして基礎が身についたらステップアップ!

語彙力を増やしたり、難しい発音や文法を習得するより本格的な勉強に切り替えていきます。

勉強のレベルが上がるので、テキストでレベルアップしようとしても難しくてわからなくなり、そのうち勉強することが苦痛となって挫折しやすくなります。

ステップアップの勉強には、テキストよりも自分の好きなことに結びつけた勉強法を取り入れるのがおすすめ。

例えば、好きなK-POPアイドルの韓国語歌詞で勉強する、好きな韓国ドラマのセリフで勉強する、好きな韓流アイドル、スターが出演している動画の字幕で勉強してみるなどです。

自分の好きな人、興味あることに関する韓国語なので、勉強していても苦痛にはなりません。

楽しく韓国語を勉強することができます。

独学の成功を左右する最重要ポイント

独学最大のデメリットは勉強で躓いた時に、誰も教えてくれる人がいないということです。

一旦躓いてしまうとそこで勉強がストップしてしまい、「やっぱり韓国語って難しい…しょせん独学では無理だった」と諦めてしまいます。

独学の場合に重要なのは、勉強で躓いた時に、わからないことを分かる人に質問できる環境づくり。

「分からないときにいつでも質問できる環境」

これさえできれば、独学で韓国語をマスターすることができるのです。

独学でも韓国語がマスターできる勉強法3ステップ

以上まとめると、独学でも韓国語がマスターできる勉強法は次の3ステップとなります。

  1. ハングルの読み書き、発音、文法、この3つの韓国語の基礎を身につける
  2. わからないところはすぐ質問して解決
  3. 自分の趣味に結び付けて基礎からさらにステップアップする

1と2が韓国語の基礎固めにとっても重要です。

基礎固めの部分なので、テキストで一生懸命勉強するしかなく、つまずいた途端、挫折に繋がるので、2の環境が重要です。

独学で韓国語をマスターするのにおすすめのテキスト

独学で重要なのは、勉強法3ステップでお伝えした3ステップのうち、基礎固めのステップ1と2。

しかし、1に取り組む前に、ハングルの読み書き、発音、文法をどの順番でどうやって勉強すれば効率よくマスターできるのかを考えなければいけません。

それを考えてから、さらに、どのテキストなら自分にあうのか、どの順番にテキストを勉強すればいいのかを考えなければいけません。

こうしてみると、韓国語の勉強をするまでに、勉強プランをしっかり立てる必要がありますね。

でも、韓国語がわからないから韓国語を勉強するのに、自分で効率的な勉強プランを立てられるはずもありません。

独学したいと思っても、一番重要な基礎固めのステップ1とステップ2で早くも躓いてしまうわけですね。

でも実はステップ1と2の2つの問題が一気に解決できるおすすめのテキストがあるんです。

そのテキストとは『元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法』です。

私もこの教材で韓国語を勉強して、分からないところがあると、すぐにメールで質問していました。

すると早いと当日中、遅くとも翌日には返事が返ってきて「わからなくて勉強が進まない…」とドンづまるという無駄な時間と精神的負担が一気に解消されました。

家から一歩も出ずしてどんどんわからないところを解決することができるという効率の良さ。

「わからなくて先に勧めない」ということがまず解消されるので、どんどん勉強が進みます。

本気で韓国語をマスターしたい方におすすめの韓国語教材です。

『元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法』を実践した私の体験記をまとめた記事があります。

より詳しくテキストの内容などを知っていただけるので独学で韓国語を勉強したいけれどどうすればいいのかわからないという方はぜひチェックしてみて下さいね

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

独学で韓国語がマスターできる勉強法とは、

  1. ハングルの読み書き、発音、文法、この3つの韓国語の基礎を身につける
  2. わからないところはすぐ質問して解決
  3. 自分の趣味に結び付けて基礎からさらにステップアップする

です。

1と2を兼ね備えたコスパ最高のおすすめテキストが『元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法』です。

「韓国語を勉強したい」「韓国語の勉強する時間がない」と言っていたのでは、いつまでたっても韓国語をマスターするどころか基礎さえ身につけることができません。

本気で韓国語をマスターしたいのなら、ちゃんと行動に移すべきです。

独学でも勉強すれば、何もしないより確実に韓国語の力は身につきます。

韓国語の勉強をする時間を確保する、本屋さんへ行って韓国語のテキストを見てみるなど何でもいいので、まずは韓国語の勉強を始めるための行動を取ってみることから始めてみましょう。

いつでも歓迎!お問い合わせ

今回の記事について、質問、疑問、感想などございましたら、ぜひ直接ゆなまでご連絡いただければと思います。

>>お問い合わせはこちら

好きな人の言葉を理解できるようになるために、韓国語の勉強파이팅(パイティン:頑張るぞ)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です