韓国語で会話が上達できるようになるたった1つの勉強のコツとは?

韓国語会話が上達できるようになるためのコツはたった一つ。

勉強の方法をちょっと工夫するだけで、韓国語を聞き取る力、話せる力が飛躍的にアップします。

あまりに簡単すぎる方法なので「ホントにそんなことで韓国語の会話が上達するの?」と思うかもしれません。

知っておかないと絶対に韓国語で会話ができるようにならないその唯一のコツとは?

韓国語で会話ができるようにならない!

K-POP・韓国ドラマ好きのみなさん、안녕(あんにょん)♪

韓国大好き!ゆなです。

ハングルの読み書きはできる!

単語もたくさん覚えた!

文法もバッチリ!

なのに、一向に韓国語で会話ができるようにならない!上達しない!

なんで!?Σ(゚Д゚)


…と、悩んでいませんか?

やっぱり留学でもしない限り、韓国語で会話ができるようになんてならないんじゃないかと挫折しそうになっているかもしれません。

”とあるコツ”を知らずに勉強を続けていても、絶対に韓国語で会話ができるようにはなりません。

でも大丈夫!

逆にいえば、コツさえ掴んで勉強すれば、韓国語で会話ができるようになるということです。

韓国語で会話ができるようになる、上達するようになるためのコツはたった一つ、誰でもできる簡単な勉強法です。

必ずあなたも実践することができます。

韓国語で会話ができるようになると…

  • ファンミで好きなアイドル、スターと韓国語で会話ができる
  • 韓国のファンと友達になれる
  • 韓国旅行も一人で行けちゃう♪

また、韓国語で会話ができるということは、韓国語を聞き取ることもできるということなので、韓国ドラマを日本語字幕なしで視聴しても理解できるようになるということです。

でも、いつまでたっても韓国語が聞き取れない、しゃべれない、会話ができないとどうでしょうか。

ずっと日本語字幕、吹き替えに頼らないと韓国ドラマが見られない、好きなアイドル・スターの話す言葉が理解できないまま。

韓国旅行だって、韓国語で会話ができる友達と日程を合わせなきゃ不安だという方もいるでしょう。

一生懸命韓国語を勉強しても、会話ができなければ、学生時代に習得した実践で使えない英語と同じです。

使えない韓国語を習得するために一生懸命勉強しても、好きな人の言葉を理解できるようにはならないのです。

でも、コツを抑えた勉強をすることで、使えない韓国語から実践で使える韓国語を習得することができるのです。

そうすれば韓国語で会話ができるようになる、韓国語の会話が上達するようになります。

韓国語の会話が上達しない理由

どうして一生懸命韓国語を勉強しているのに、会話ができるようにならない、上達しないのでしょうか。

理由は、学生時代何年間も勉強したのに全く英語が聞き取れない、英語で会話ができない理由と同じです。

学生時代の英語の授業、勉強を思い出してみて下さい。

  1. 単語の意味を調べる
  2. 教科書の英文をノートに写して日本語訳する
  3. 音声テープを1回聴く

ほとんどこの1~3の繰り返し、全然英会話を勉強していないのです。

要するに、机上での知識の詰め込み(インプット)のみ。

そして、英語を教えているのは実際に英会話をしても英語が通じない日本人の先生。

学生の私たちが正しい英語の発音を聞けるのは、授業中での音声テープのみ。

音読をすることもほとんどありません。

こんな勉強法を何年続けたって、英会話ができるようになるわけがないのです。

韓国語も同じです。

ハングルの読み書き、韓国語の文法を一生懸命勉強して単語をたくさん覚えるという知識のの詰め込み(インプット)だけでは、韓国語で会話ができるようになるわけがありません。

韓国語で会話ができるようになる勉強法

学生時代何年も英語を勉強してきたのに、英語が聞き取れない、英語が話せないのは、英語を聞く、英語をしゃべる勉強をしてこなかったからです。

一生懸命韓国語を勉強しているのに韓国語で会話ができないと悩んでいる方は、学生時代の英語の勉強と同じ方法で勉強している可能性があります。

  • 自分で韓国語をしゃべる
  • 韓国語を聞く
  • 韓国人と会話する

この3つを中心とした勉強を行えば、韓国語で会話ができるようになります。

韓国語で会話ができる、上達するというのは、実践力がつくということです。

例えば車の運転。

いくらエンジンをかける方法、ブレーキをかける方法、バックさせる方法、前進させる方法の知識があっても、運転が上手だとは限りません。

ゆなは自身のペーパードライバー対策のために毎月1回車を運転するようにしていますが、毎回駐車が下手くそです。

車を駐車させると、駐車スペースに対して車が斜めになってしまうのです。

たまに隣の車とのスペースがギリギリになり、運転席のドアが開けられなくて、助手席から出るなんてこともあります。

駐車の方法をいくら勉強しても、バックするタイミング、ハンドルを回すタイミングなど、その時々の状況によって異なるので、実際にやってみないとわかりません。

知っているのとやってみるのとでは全然違います。

何度も繰り返し繰り返し運転という実践を経験することで、運転技術が上達するのです。

韓国語で会話が上達できるようになるための唯一のコツとは?

韓国語の知識だけでなく、実際に話す、聞くという実践経験を勉強に取り入れること。

これが韓国語で会話が上達するようになるための唯一のコツです。

もちろん、韓国語の知識を勉強することは大事です。

ハングルは文字そのものが発音記号なので、ハングルが読めなければ韓国語の正しい発音を習得することはできません。

また、韓国語のルールである文法を知らないと韓国語で会話をすることもできません。

でも、いくらハングル、文法の知識が豊富にあったところで、実際に韓国語で会話ができるかどうかは全くの別物。

韓国語で会話ができるようになるためには、別の勉強が必要です。

韓国語を聞く、自分で発音する、しゃべるを中心とした勉強を取り入れることが、韓国語で会話ができるようになる、上達するようになるためのコツなのです。

韓国語会話を上達させるための勉強法

まず韓国語会話の勉強本を1冊購入しましょう。

韓国語を聞き取る力を身につけるために、CD付など音声データ付きの勉強本を選ぶようにして下さい。

韓国語会話の勉強本が準備できれば、次の3つのステップで勉強すれば、韓国語会話を上達させることができるようになります。

  1. 音読する
  2. 韓国語を聞く
  3. 韓国人と会話する

順番に詳しく解説していきますね。

音読する

音読は、韓国語の発音の仕方を習得するために必要な勉強法です。

勉強本をノートにまとめる時に、フレーズや文章をただ書き写すのではなく、音読しながら書き写すようにします。

音読することで、自分で韓国語をしゃべる、自分の発音を耳で聞いて確かめるという2つの学びが追加され、勉強の効果がグッとあがります。

韓国語を聞く

韓国語を聞くのは、耳を鍛えるために必要な勉強法です。

韓国語を聞き取れない、聞き取るのが難しいと感じて挫折するという人も多いです。

何故韓国語が聞き取れないのかというと、大きな原因として日本語と韓国語の母音数の違いが挙げられます。

日本語の母音は「あいうえお」の5つしかありませんが、韓国語にはなんと21個もも母音があるのです。

当然母音が5つしか存在しない環境で育ってきた日本人にとっては、21個もの母音を認識することは難しく、聞き取る力がありません。

韓国語を聞き取る力を養うために、韓国語を聞いて韓国語の発音に慣れる必要があります。

音声データで韓国語の発音を確認しながら、自分でも同じように発音することで、韓国語を聞き取る力、正しい発音の仕方を習得することができます。

韓国人と会話する

会話というのは、相手がいてはじめて成立するものです。

というわけで、韓国語で会話ができるようになる、韓国語会話が上達するようになるためには、韓国人と実際に会話をするという実践が必須です。

しかし、この韓国人と会話するというのが、ハードルが高いと感じている人が多いと思います。

どうやって韓国人と会話するんだと。

現在のネット社会において、韓国人と会話することは決して難しいことではありません。

わざわざ韓国語教室に通わなくても、オンラインで韓国語レッスンが受けられるサービスが充実していて、手軽に韓国人と会話することができます。

GoogleやYahoo!などの検索サイトで「韓国語 オンライン レッスン」と検索すればいくらでも出てきます。

無料体験レッスンのあるスクールもあるので、実際に利用してみて自分に合ったオンラインレッスンを見つけるようにしましょう。

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

韓国語で会話が上達できるようになるための唯一のコツとは、知識の詰め込み(インプット)だけでなく、実践(アウトプット)の勉強を取り入れることです。

知っているのと実際にやってみるというのは全然違うものです。

頭では分かっているのに実際やってみると全然できないという経験は誰にでも一度はあると思います。

韓国語で会話ができるようになる、上達することも同じです。

いくらハングルの読み書きができて、韓国語文法を知っていても、韓国語で会話ができるかというのは全くの別物。

ゆなは大学生の頃、第二外国語でフランス語を専攻していました。

フランス語の成績は5段階中最高に良い成績がついていましたが、ぜ~んぜんフランス語で会話ができるなんてことありませんでした。

フランス語を全く聞き取れないし、しゃべれもしない。

それでも最高ランクの成績。

そして今現在、フランス語についてすっかり忘れております(*´∀`*)ニパー♪

ゆなには英文科卒の友達が2人いますが、2人とも英会話出来ないって言っておりました。

学生時代と同じ勉強法では外国語で会話ができるようにはならないということです。

逆にいえば、学生時代に行わなかった勉強法を取り入れればよいということにもなります。

それが知識だけではなく、実践を増やすことなのです。

韓国語で会話ができるようになる、上達するようになるための具体的な勉強法は下記の3ステップです。

  1. 音読する
  2. 韓国語を聞く
  3. 韓国人と会話する

韓国語会話を勉強するのにおすすめの本

まずは音声データ付きの韓国語会話の勉強本を1冊購入していただきたいのですが、どれを購入したらいいのかわからないという方も多いと思います。

韓国語に関する勉強本はたくさんありますからね。

そこで、ゆなも実際に利用したおすすめの韓国語会話の勉強本をご紹介しましょう。

ゆなのおすすめは『新ゼロからスタート韓国語 会話編』

簡単で短い会話フレーズにもかかわらず、実践で使え、解説も丁寧です。

韓国語文法の基礎を学ぶには十分、もちろんCD付です。

詳しくは別記事でご紹介しているのでご覧いただければと思います。

ゆなはこの勉強本1冊で韓国一人旅(ちなみに初海外で初一人旅)を実行し、現地の人と韓国語で会話できましたよ^^

あなたが韓国語を勉強する目的は何ですか?

あなたが韓国語で会話ができるようになりたいと思って一生懸命勉強している目的は何でしょうか。

人それぞれ目的はあると思いますが、結局のところ好きなK-POPアイドル・スターとの距離を縮めたい、好きな人の言葉が理解できるようになりたいということだと思います。

ゆなも東方神起のユノくん、チャンミンくんが韓国語で話していたら、字幕や通訳なしで理解できるようになりたいって思います。

コン・ユさんが出演している韓国ドラマ『トッケビ』や『コーヒープリンス1号店』(←古っ!)をコン・ユさんの生声で日本語字幕なしでドラマに集中して理解できるようになりたいって思います。

使えない韓国語を習得するための勉強を一生懸命続けても、あなたの目的は達成できず、夢を叶えることはできません。

絶対に使える韓国語を習得する必要があります。

韓国語で会話ができるようになる、会話が上達するために必要なことは、しゃべる、聞く、会話するの3つだけです。

韓国語をしゃべってみる、韓国人ネイティブの発音を聞くというのは独学でもすぐにできます。

実際に韓国人と会話するのもオンラインレッスンがたくさんあります。

ネットさえつながっていれば、世界中どこからでも韓国人と会話することができます。

ぜひ今回ご紹介した実践重視の勉強法を取り入れてみていただきたいなと思います。

いつでも歓迎!お問い合わせ

今回の記事について、質問、疑問、感想などございましたら、ぜひ直接ゆなまでご連絡いただければと思います。

>>お問い合わせはこちら

好きな人の言葉を理解できるようになるために、韓国語の勉強파이팅(パイティン:頑張るぞ)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です