難しい韓国語の発音!誰でも習得できる韓国語の発音練習法を紹介

韓国語の勉強をしていて必ずつまずくのが韓国語の発音。

勉強してもうまく発音できない、聞き取れないと挫折しかけているという方も多いのではないでしょうか。

難しいと感じる韓国語の発音だけれど、習得するための練習法があります。

誰でも習得できる簡単な発音練習法なので、ぜひ実践してみて下さいね。

誰もがつまずきやすい韓国語の発音

K-POP・韓国ドラマ好きのみなさん、안녕(あんにょん)♪

韓国大好き!ゆなです。

韓国語の勉強をしているのに、

  • 韓国語の発音が難しくて聞き取れない
  • 韓国語の発音が難しくてしゃべれない
  • 挫折しそう…

と行き詰まっていませんか?

どうしても日本人の私たちには、韓国語の発音を難しく感じてしまうものです。

でも大丈夫!

難しいと感じてきた韓国語の発音が習得できる発音練習法があるんです。

誰にでもできる簡単な練習法なので、実践してもらえれば必ずあなたも韓国語の発音を習得することができます。

韓国語の発音が理解できるようになると、韓国語が聞き取れるようになります。

韓国ドラマのセリフやK-POPの歌詞が聞き取れるようになり、日本語字幕、日本語訳なしでも韓国語が理解できるようになります。

また、韓国語も通じるようになります。

ツアーや通訳に頼らなくても自由な韓国旅行が楽しめるようになったり、ファンミで好きなアイドル・スターに話しかけて「韓国語上手ですね」と褒められるようにもなります。

想像しただけでわくわくしちゃいますよね^^

しかし、どんなに韓国語の文法を勉強し、韓単語を覚えても、韓国語の発音が理解できなければ、韓国語を聞き取ることはできないし、会話も通じません。

学生時代に一生懸命勉強したのに全く通じない、聞き取れない英語と同じになってしまいます。

外国語を習得するのに発音はとっても大事。

今回の記事を最後まで読んで実践していただければ、必ず韓国語が聞き取れるようになり、会話でも通じるようになります。

誰でもできる簡単な発音練習法をお伝えしますね^^

韓国語の発音を難しいと感じる理由

そもそも何で私たちは、韓国語を聞き取ったり、発音したりすることを難しく感じるのでしょうか。

それは、韓国語には日本語には存在しない発音、発声法があるからです。

どういうことかといいますと、日本語と韓国語の母音の数を比べればわかります。

日本語には「あいうえお」の5種類の母音しかありませんが、なんと韓国語には21種類もの母音があります。

日本の4倍弱!!(汗)

5種類の母音しか存在しない環境でずっと育ってきた私たちが、21種類もの母音を聞き取れるだけの能力を持ち合わせておらず、発音の仕方を知らないのは当然のことといえます。

だから、韓国語の発音を難しいと感じるのは当たり前のこと。

今まで聞いたことも無い、しゃべったこともない発音は、練習して習得するしかないのです。

誰でも習得できる韓国語の発音練習法とは

誰でも習得できる韓国語の発音練習法とは、口の開け方、舌の位置、息の出し方の3つを意識しながら練習することです。

何故なら発音はこの3つで決まるからです。

わかりやすいように、いくつか日本語の例をご紹介しましょう。

例えば”い”と”う”の発音の違い。

実際に「いういういういう…」と”い”と”う”を交互に声に出して発音してみて下さい。

すると、舌の位置と息の出し方・量は全く同じだけれども、口の開け方が違うということに気が付くと思います。

同じように「あかあかあかあか…」と”あ”と”か”を交互に声に出して発音してみて下さい。

口の開け方と息の出し方は全く同じだけれど、”か”の時に一瞬舌が動いているのがわかると思います。

今度は「あなあなあなあな…」と”あ”と”な”を交互に声に出して発音してみて下さい。

すると口の開け方は全く同じだけれど、”な”の時に舌の位置が動き、鼻音となり息の出し方が違っていることに気が付くと思います。

これらをまとめたのがこちらです。

  • ”い”と”う”の違い:口の開け方
  • ”あ”と”か”の違い:舌の位置
  • ”あ”と”な”の違い:舌の位置、息の出し方

こうしてみると、口の開け方、舌の位置、息の出し方によって、発せられる音が違うということがよくわかります。

つまり、発音は口の開け方、舌の位置、息の出し方の3つで決まるのです。

発音習得に必要なこと

誰でも習得できる韓国語の発音練習法は、幼児が言葉を覚える練習法と似ています。

幼児は一見聞いただけで言葉がしゃべれるようになっているように思えますが、実は親の言葉を聞いて、真似してしゃべることで言葉を覚えていきます。

言語の発音を習得するためには聞き取りだけでなく、実際に声を出してしゃべってみる、真似してみることが大事なのです。

発音を習得するための重要ポイント

発音を習得するためのポイントは、毎日コツコツ継続的に練習することです。

母音が5種類しかない環境で育ってきた私たちにとって、母音が21種類もある韓国語の発音を少し練習したくらいで聞き取ったり、しゃべれないのは当たり前。

韓国語の発音を聞き取る力、しゃべる力を習得するのには当然時間がかかります。

なかなか上達しないと言ってすぐに諦めてしまうのではなく、毎日コツコツと地道に練習することで必ず耳と口が鍛えられ、韓国語発音を聞き取る力、しゃべる力がつきます。

誰でも習得できる韓国語の発音練習法は地味で面白みのない地味な勉強ですが、いかに飽きずに挫折せずに続けるかが、韓国語の発音を習得する重要ポイントとなってきます。

誰でも習得できる韓国語の発音練習法

韓国語の発音は次の3ステップで行っていきます。

  1. 韓国語の発音が学べるテキストを購入
  2. 口の開け方、舌の位置を確認しながら声を出す
  3. 自分の発音を確認する

順番に具体的に解説していきます。

韓国語のテキストを購入

まずは発音練習のお手本となる韓国語のテキストが必要です。

韓国語の勉強本ならたいてい韓国語の発音について解説がされていますが、発音練習をきちんとするためには、発音の解説が詳しく書かれたテキストを選ぶようにしましょう。

選ぶべきテキストは、口の開け方が図解されていて、発音が確認できるCDなど音声データ付きが良いです。

口の開け方、舌の位置を確認しながら声を出す

日本語も韓国語も英語も全て、言語というのは母音と子音の組み合わせです。

母音の発音は口の開け方、子音の発音は舌の位置によって決まります。

1で購入したテキストで解説されている通り口を開けて声を出すことで母音の出し方、声を出したときの舌の位置を確認することで子音の出し方がわかります。

自分の発音を確認する

テキストに付属のCDや音声データの発音を聞いて、韓国語の発音と自分の発音が正しいかの確認をします。

ステップ2とステップ3を継続して繰り返し行うことで、韓国語の発音を聞き取る力、しゃべる力が身についていきます。

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

誰でも習得できる韓国語の発音練習法とは、以下の3ステップです。

  1. 韓国語の発音が学べるテキストを購入
  2. 口の開け方、舌の位置を確認しながら声を出す
  3. 自分の発音を確認する

韓国語をただ聞くだけや流し聞きするだけでは、いつまでたっても韓国語の発音を聞き取る力、しゃべる力は身につきません。

理屈を学んで(インプット)、実際に声に出して発音してみる(アウトプット)する。

単純で地味な勉強だけれど、これが韓国語の発音を習得する一番の近道です。

まずは韓国語の発音を練習するときの先生となる韓国語のテキストを1冊購入してみましょう。

発音の仕方について詳しい解説や図解されているテキストを選ぶようにして下さい。

韓国語の発音が習得できるおすすめテキスト

テキスト選びに悩んでいるという人のために、韓国語の発音をより最短で、正確に習得したいと本気で思っている人におすすめのテキストを1冊ご紹介しましょう。

韓国語の発音をするときの口の開け方の図解解説、発音を確認する音声データはもちろん、発音するときの下の位置まで確認できるように詳しく図解されているテキストがあります。

ゆなも韓国語の勉強をするときに複数韓国語のテキストを購入しましたが、これほどまでに韓国語の発音について詳しく解説しているテキストはありませんでした。

しかもこのテキスト、発音レッスンもついていて、自分の発音が正しいかどうかを先生に確認してもらうことができます。

韓国語初心者はもちろん、いったん挫折したけれど初心にかえって韓国語の発音を勉強し直したいという人におすすめのテキストです。

このテキストについて詳しくは別記事でお伝えしているのでご覧ください。

上記リンクをクリックすることで記事を読むことができます。

韓国語の発音を習得する目的

韓国語の発音は日本人にとって難しく感じます。

習得するのに時間がかかり、習得するための練習法も地味でつまらないために、途中で挫折してしまう人も多いです。

でも、諦めずに毎日継続的に練習することで、韓国語の発音を聞き取り、しゃべる力が身につくのは間違いありません。

韓国語の発音が習得できれば…

  • 韓国ドラマのセリフが聞き取れるようになる
  • 韓国旅行で韓国語が通じるようになる
  • ファンミやイベントで好きなアイドル・スターに「韓国語上手ですね」と言ってもらえる

韓国語を勉強したいと思った目的を達成し、夢を実現することができるようになります。

今回ご紹介した韓国語の発音を習得するための方法は、誰でもできる簡単な方法だけれども効果は抜群です。

間違った練習法ではいつまでたっても韓国語が習得できないまま。

学生時代あんなに勉強したのに全く英会話ができない、全く英語が通じないといった全く使えない英語しか習得できなかったように、使えない韓国語しか習得できません。

  • 韓国ドラマを日本語字幕なしで聴き取れるようになりたい
  • 好きなアイドル、スターに韓国語で話しかけたい
  • 現地の人とバンバン会話して韓国旅行を楽しみたい

夢を実現させたいのなら、今回お伝えした韓国語の発音練習法を実践して、韓国語を習得して欲しいと思います。

いつでも歓迎!お問い合わせ

今回の記事について、質問、疑問、感想などございましたら、ぜひ直接ゆなまでご連絡いただければと思います。

>>お問い合わせはこちら

好きな人の言葉を理解できるようになるために、韓国語の勉強파이팅(パイティン:頑張るぞ)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です